群馬

2013.01.27
群馬県支部 1月号機関誌付録発行

2013.1月号群馬

 

2012.12.23
群馬県支部 12月号機関誌付録発行

群馬12月号

 

2012.11.25
群馬県支部 11月号機関誌付録発行

群馬11月号

 

2012.10.10
群馬県支部 10月号機関誌付録発行

群馬10月号

 

2012.09.14
群馬県支部 9月号機関誌付録発行

群馬9月号

 

2012.08.20
群馬県支部 8月号機関誌付録発行

群馬8月号

 

2012.07.20
群馬県支部 7月号機関誌付録発行

群馬7月号

 

2010.07.28
医療講演会のご案内

日 時 平成22年11月14日(日) 13時30分〜
会 場 高崎総合福祉センター3階会議室4
〒370-0065 群馬県高崎市末広町115-1  TEL(027)370-8822
講 師 北関東循環器病院   病院長  南 和友先生
   (独ボッフム大学永代教授・前日本大学心臓血管外科教授)
演 題  『渡航移植禁止になる。日本の患者はどうするのか?』
※一般の方の参加も歓迎です
問合せ&申込先(10月末まで)
 mail nakazato@eos.ocn.ne.jp(件名に必ず医療講演と入力して下さい)

▼PDFファイルチラシ
1280318506_20241.pdf

 

2010.07.28
DAYキャンプ&宿泊保育のお知らせ

昨年度に続き今年も「甘楽ふるさと館」にてDAYキャンプと宿泊保育を行います。
DAYキャンプでは、ますのつかみ取りやバーベキュー大会。西瓜割等メニューも盛りだくさん。お腹をすかせて来て下さい。夜には小児科の先生をお迎えし懇談会と医療相談会を行います。
日 時 H22年9月4日(土)〜5日(日)
場 所 甘楽ふるさと館   群馬県甘楽郡甘楽町小幡2014-1
電 話 0274-74-2660


1280317554_19489.jpg

 

2009.07.22
DAYキャンプ&宿泊保育のご案内

H21年9月5日(土)〜6日(日)
場所 甘楽ふるさと館   群馬県甘楽郡甘楽町小幡2014-1

「甘楽ふるさと館」は国指定名勝楽山園や日本名水百選に選ばれた雄川堰など歴史的遺産がたくさん残っている城下町、小幡にあります。今年度はここ甘楽の地で、一人でも多くの会員さんに参加していただけるように、DAYキャンプと宿泊保育を企画しました。DAYキャンプではバーベキューとますのつかみ取り、宿泊保育には小児循環器専門医の先生に付き添いをして頂き、夜には懇談会を行います。宿泊は会員限定ですが、ふるさと館は日帰入浴(温泉)や食事も出来ますので、会員外の方もこの機会に、群馬県支部の活動の様子をご覧に来ませんか。
問合せ先 nakazato@eos.ocn,ne.jp 件名に「キャンプ」とご記入下さい。

 

2008.11.26
支部総会・医療講演会終了

11月9日(日)群馬県社会福祉総合センターにて第37回支部総会、医療講演会が行われました。
会員さんの体験発表後、活動報告や今後の活動方針について話し合いました。休止状態が続いていた心友会活動の復活、臓器移植推進連絡会からは、ドナーカード配布の協力や9月14日に群馬県で初めて脳死からの移植が行われたこと、全国総会の報告、新たにおやじの会を作ろうという話題など盛りだくさんの内容となりました。最後にスローガンを全員で唱和し、支部総会を終えました。
午後は群馬県小児医療センター診療部長の小林富夫先生による医療講演「小児心臓病の最新の検査と治療」がありました。カテーテル検査、CT,MRI,RI(核医学検査),経食エコーなど、それぞれの検査の長所、短所を分かりやすく説明して下さいました。いろいろな検査を組み合わせることで、さらに正確な診断ができるということでした。
午前の支部総会・午後の医療講演会を通じ会員同士の交流が一段と深まり、無事終了しました。

 

2007.04.18
支部の紹介チラシ

群馬県支部の活動紹介です。
添付データを開いてご覧ください。

▼PDF
1176893527_19110.pdf

宿泊保育

9月の第一土曜、日曜日に宿泊保育を行っています。
子ども達はボランティアの学生さんと、ゲームを楽しみ、父母は専門医の先生を囲んで、懇談会。
日頃はなかなか出来ない質問、疑問点を伺い、情報を得る貴重な機会を持つことが出来ます。
そして何よりも、子どもたちの生き生きとした表情に、出会えることが嬉しいひと時です。

総会&勉強会

11月の第2日曜日、午前中に支部総会を開催し、午後は勉強会やお楽しみ会を行っています。
昨年は、障害者自立支援法についての勉強会を開催しました。
ますます厳しくなっていく、福祉制度。
真剣な眼差しで一語一句に耳を傾けていました。