機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

2010年11月号の目次(560号)


11月号表紙「ハロウィン」

私の発言

「改正臓器移植法が施行して〜私たちにできることは〜」(兵庫)

みんなの声

「外見から分からない内部疾患児 学校に行くのはやめようと思ったことも」(総肺静脈環流異常)
「術後の胸骨変形防止のプロテクター 守る会の力で外科が開設」(右室低形成、肺動脈弁狭窄、三尖弁狭窄)
「こどもの前では泣かないで 看護師さんにしかられたことを感謝」(心室中隔欠損、クリスクロスハート)

はあと

絵「ケーキ屋さんになりたい」(島根)
絵「たのしかったキャンプ」(岩手)
絵「4回目の手術を終えて」(東京)
絵「なつのおもいで」(愛知)

暖話室

「冬を越したナガサキアゲハ」(奈良)

のびゆく芽

「自分のこと」(中1・沖縄)

施設めぐり

団体めぐり

講座

本部の動き

◆ 2011年度予算にむけて 厚労省・文科省との交渉
◆ 臓器移植への理解と普及を 臓移連移植推進パレード

制度Q&A

各地のうごき

「新しい体制での在京ブロック交流会 出会いと交流の目的が達成」(在京ブロック)
「開業医から伝えたいこと・心に残る講演 福祉・就労の相談会では心友会も活躍」(宮城)
「一人ひとりの教育的ニーズに対応 子どもを大切にする支援教育のあり方」(神奈川県域)
「キャンプ・宿泊イベントに初参加 『支える』から『支えあう』を気づく」(群馬)

守る会日誌

「みんなが支えて役割分担 のんびり!しんまい事務局」(福岡)

裏方の記

支部訪問

Friends to Heart

「ようこそ心友会へ」〜会員インタビュー〜
「いつでも、君の入会待っているよ!」
「フォンタン術後20年たってペースメーカーの植込み手術」
<心友会紹介>〜埼玉心友会〜

特別掲載

◆第46回日本小児循環器学会総会・学術集会 守る会の展示パネル(2010年7月6日〜9日)
〜医学が進歩した今 心臓病をもつ患者・家族が抱える課題〜
◆市民公開講座(同)守る会の発表
〜小児期の慢性心臓疾患は成人となりどうなるか〜成人先天性心疾患の問題点と対応〜
◆医療機器展示ブース(同)〜患者家族として興味を持った医療機器〜

バックナンバー