機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

2010年2月号の目次(551号)


2010年2月号表紙「ぼくの好きな動物たち」

私の発言

「守る会の安定的な財政基盤のために」会長・斉藤幸枝

みんなの声

就労特集〜体と相談して自分にあった仕事を〜
「転職のための就職活動から思うこと」(宮城)/「家族と歩んだ23年間、一般雇用で農協に就職して3年」(両大血管右室起始・島根)/再就職のきっかけは守る会のキャンプ、就職して2年、正社員をめざして(心房中隔欠損・東京東部)/「就職活動の経験から、就労条件で気をつけるポイント」(大動脈弁狭窄・横浜)

はあと

絵「トトロと私のきょうだい」(心室中隔欠損・小学1年生・奈良)/絵「ばいきんまん」(左心低形成、両大血管右室起始、完全大血管転位、大動脈狭窄、僧帽弁狭窄・4さい・愛媛)/絵「はつえ先生」(純型肺動脈閉鎖、精神発達遅滞・5さい・福島)/作文「ぼくの心ぞう」(大動脈弁狭窄・小学3年生・栃木)

暖話室

「味噌づくりに挑戦」(香川)

のびゆく芽

「生命を守る税金」(無脾症候群・埼玉)

施設めぐり

団体めぐり

講座

「成人期になってからの先天性心疾患の心臓手術と合併症」
千葉県循環器病センター成人先天性心疾患診療部長・丹羽公一郎先生

本部の動き

◇障全協全国集会と要請行動
◇自立支援医療は現状のまま・2010年度政府予算案

制度Q&A

「障害年金が『非該当』に…」

各地のうごき

愛知「成人になったときの問題を考える」/神奈川総支部「第43回神奈川県福祉促進大会うすいまさとコンサート&講演」/三重「『快適な日常生活のために』拡張型心筋症講演会・相談会/福島「広島全国総会へ参加しました、気持ちは福島全国総会を楽しく」/山口「活性化のための活動を試みて交流を、心友会の人たちも参加してにぎやかに」/宮城「子どもの医療にかける情熱や技術の進歩、医療講演会で子どもたちのこれからを学ぶ」/大阪「長くずっと続けている行事、手作りの心のこもったクリスマスカード」

守る会日誌

「心友会の方たちと一緒に支部活動、新企画で気楽に新会員の参加を」富山

裏方の記

支部訪問

Friends to Heart

「東京心友会カルミアでお茶会をしました」

特別掲載

◆募金活動のお願い

バックナンバー