機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

606号(2014/9)目次

表紙-1処理済み表紙-2処理済み表紙-3

 

表紙「長野県支部の交流会」




言の葉・心の花

『言葉にして伝え 支えてもらい、支える関係を』 (埼玉)


みんなの声・教育特集「たいせつなことは話し合い」

◇「”地域で子どもを育てる” 風通しのよい小学校に出会って」
            (三尖弁閉鎖、肺動脈弁欠損/埼玉)
◇「思いをくみとってくれた幼稚園 小学校はペースメーカーの説明も難しく」
               (完全房室ブロック/大分)
◇「左心低形成で生まれた息子 安心できる環境で学校生活がスタート」
               (左心低形成/岡山)
◇「新校舎が完成し快適な小学校 小規模校でみんなの理解が」
 (無脾症候群、単心室、部分肺静脈還流異常、大動脈縮窄、両大血管右室起始、共通房室弁/大分)
◇「4年生で運動制限がついて ささえに必要なのは声かけ」
               (三尖弁狭窄/新潟)

 

のびゆく芽

◇「私の道のり~これまでとこれから~」(高2/茨城)

ほっとタイム

◇「大切な家族」(東京北西)

はあと

◇絵「ねこちゃん」(小1/ファロー四徴症/岐阜)
◇作文「僕の胸の傷」(中1/完全大血管転位症/京都)

第16回 教育講座

「よりよい学校生活のために」
  喜多 雅世(兵庫県 小学校教諭)

本部・社会のうごき

◇「第50回日本小児循環器学会総会・学術集会in岡山」
◇「小児慢性特定疾病に”フォンタン術後症候群””肺静脈狭窄症”が加わる」
◇「第52回全国大会案内」

各地のうごき

◇「大阪府保健主事・養護教育研修会 一人ひとりのできることの違いを話す」
                     (大阪)
◇「安全な輸血量の確保のための贈り物 私たちにもできること”献血とランチ”」
                     (横浜)
◇『講演「成人先天性の診療の現状と展望」情報交換での課題やヒントは活動に生かす』
                     (北関東・北陸ブロック)
◇「神奈川3支部よりお知らせ」

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇「あったかい気持ちのおすそ分け」(ウェジナー肉芽腫症、肺動脈狭窄、冠動脈狭窄/東京)
◇「”ありのままの自分”を大事に、支えになれる保育士に」(大動脈弁狭窄・閉鎖不全症/大阪)
◇「心友会は大きな心の支え」(大動脈縮窄症、大動脈弁閉鎖不全症/茨城)

 

 

 

 

 



 



バックナンバー