機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

600・601合併号(2014/3・4月)目次

600・601号 表紙原画

表紙




600号を迎えて

『「心臓をまもる」600号はこれまでの到達点、そして、これからの活動の起点』 (会長)


みんなの声・心臓病児者のねがい 

◇《医療》「胎児診断で先天性心臓病とわかって」
                     (単心室・大血管転位・心房中隔欠損・弁の狭窄/大阪)
◇《教育》「これまで出会ったすべての先生方に感謝」
   (肺動脈静脈瘻・下大静脈欠損・共通房室弁・両大血管右室起始・肺動脈狭窄/鹿児島)
◇《福祉》「成人先天性心疾患患者を取りまく環境」
                  (三尖弁閉鎖不全・心室中隔欠損・僧帽弁閉鎖不全/北海道)
◇《就労》「挫折して得られた天職」 (完全大血管転位症/愛知)
◇《妊娠出産》「シングルマザー、娘は小学生に」 (心室中隔欠損/東京)
◇《心臓移植》「先天性心疾患 術後15年で移植待機に」
 (修正大血管転位・肺動脈狭窄・心房心室中隔欠損・両大血管右室起始・僧帽弁閉鎖不全/茨城)
◇《発達障がい》「大学で可能な限りの支援を受けて」
               (完全大血管転位・三尖弁閉鎖不全・右胸心/香川)

 

のびゆく芽

◇「医療を身近に感じて」(高3/大動脈弁上狭窄症/群馬)
◇「いつかバンドを」(高1/両大血管右室起始・肺動脈狭窄・心室中隔欠損・心房心室不一致・
                                          修正大血管転位症/長野)
◇「弦楽部でマンドリンを」(中1/左心低形成症候群/広島)

はあと

◇習字「書初め」(小4/重度エプスタイン奇形・心室心房中隔欠損/兵庫)
◇絵「マリーちゃん」(6歳/両大血管右室起始症・肺動脈狭窄/宮崎)
◇絵「げんきなどうぶつ」(小1/ファロー四徴症/千葉)
◇絵「たのしいおうち」(小2/心室中隔欠損/福島)

医療講座 第116回

「心臓病児者の願い~生まれてから、成人まで~」
       聖路加国際病院 心血管センター長 循環器内科部長 丹羽公一郎

 

座談会 「先天性心疾患患者の自立にむけて~就労と所得保障~」

「心臓をまもる」のあゆみ

イラスト「心臓をまもる」が届くまで

本部・社会のうごき

各地のうごき

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇全国心友会マップ
◇新心友会紹介
◇全国交流会報告
◇心友会会員アンケート

編集後記

 

 

 

 

 



 



バックナンバー