機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

632号(2016/11)目次

 

11月号表紙
 表紙 「心友会全国交流会に集まったみなさん」

言の葉・心の花

 「わたしたちの歩む道」(福井)

 

みんなの声 特集・守る会にであって2

◇「『心臓病児者の幸せのために』の本 病院までもってきていただいて」
               (完全大血管転位症Ⅰ型/愛媛)
◇「生まれてから4か月の入院生活 家族で過ごせるあたりまえの生活に感謝」
               (重症大動脈弁狭窄症/神奈川県域)
◇「交流会やシンポジウムで得たものは多く 今後はキャンプにも参加したい」
               (多脾症候群、房室中隔欠損症/東京北西)


ほっとタイム

◇「ありがとう心臓ファミリー」(東京東部)

 

のびゆく芽

◇「自分の病気」
  (三尖弁閉鎖、大血管転位、心房心室中隔欠損症/中3/北海道)

 

シリーズ・心臓病の医療を志して No.19

「小児心臓病診療を振り返って」
国立循環器病研究センター・小児循環器集中治療室医長 黒嵜健一

 

はあと

◇絵「うみのせかい」(三尖弁閉鎖症、大動脈縮窄症/小2/愛媛)
◇絵「大好きな弟たち」(三尖弁閉鎖症、肺動脈弁閉鎖症/小4/岐阜)

 

本部・社会のうごき

◇第52回日本小児循環器学会学術集会市民公開講座

 

各地のうごき

◇「盛り上がったキャンプファイヤー 野外炊事でおいしいカレー作り」(神奈川県域)
◇「療育キャンプ「震災学習列車」で復興への思いを新たに」(岩手)
◇「人と人とのかかわりを再発見 新たなスタートへ」(鳥取)
◇「ファミリーハウス2号室がオープン メディアをとおして関心が広まる」(秋田)
◇「難病の医療費助成も含め福祉医療の講演会 住んでいる場所での情報を把握すること」(在京ブロック)
◇「心友会の人たちも交えた交流会 会って話ができることが守る会の特権」(東海ブロック)

 

Friends to Heart  心友会たんしん 

第46回心友会全国j交流会in福井
◇分科会報告
◇裏方の記
◇全体会「社会保険制度と年金の基礎」(社会保険労務士 春名秀彦氏)


 

 

 

 

 

 



 

 

 

バックナンバー