機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

646号(2018/1)目次

 表紙絵
 表紙『あけましておめでとうございます。』
(25歳/山梨)
 

言の葉 ・心の花

◇「新たな年が笑顔で過ごせるように 守る会活動を活発に繰り広げましょう」(会長)

 みんなの声 成人特集・夢が目標につながって

◇「二度のカテーテルアブレーションを受けて 多くの人に貢献できる社会人になりたい」
 (修正大血管転位症・肺動脈閉鎖・心室中隔欠損症・心房中隔欠損症・動脈管開存症/千葉)
◇「20年を振り返って 医療に従事したいという夢が目標に」
              (単心室、肺動脈閉鎖/静岡)
◇「20歳まで生きることが目標だった これからは人の役に立てる大人になって」
              (左心低形成症候群/岡山)
◇「高校でひたむきになれる『何か』に出会え 高等専門学校に編入学し春から社会人に」
              (左心低形成症候群/岩手)

ほっとタイム

◇「がんばれ!楽天ゴールデンイーグルス」(宮城)

のびゆく芽

◇「フルートとピアノをがんばりたい」(ファロー四徴症/中2/愛知)

はあと

◇絵「ザトウクジラ」(単心室、肺動脈閉鎖症/小5/大分
◇絵「大好きショベルカー」(総肺静脈還流異常/3歳/香川)
 

医療講座 No.128

「先天性心疾患に対する心臓移植と補助人工心臓治療の現状」
 東京大学医学部附属病院心臓外科教授 医工連携部長 小野稔

 本部・社会のうごき

◇文部科学省交渉

各地のうごき

◇「循環器内科に移行する支援について 病児自身が主体となるようなサポートを」
                  (東京東部)
◇「心疾患とともに生きる将来を考える 自立へむけて何が必要かを知る」
                  (九州ブロック)
◇「企業の雇用担当の方にお話をうかがう 国庫助成金補助事業としての就活研修会」
                  (横浜)
◇「会員状況アンケートの取り組み 福祉サービス利用の啓発ツールは口コミ」
                  (愛知)                 

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇2017年度 秋の代表者会議報告
◇「家族、心友会の仲間に支えられて」(単心室、大動脈縮窄症候群/富山)


 

 

 

 

 

 



バックナンバー