機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

645号(2017/12)目次

 645号 表紙絵
 表紙『ハッピークリスマス』
(3歳/福岡)
 

言の葉 ・心の花

◇「誰のための福祉制度なのか 自ら声をあげ主張することが大切」(広島)

 みんなの声 福祉特集・患者と家族が納得できる制度に

◇「特別児童扶養手当が降級 『一般状態区分表』を重視する認定に疑問」
                 (右胸心、単心室、単心房/富山)
◇「通院で家族に大きな負担 第三者がサポートする体制が必要」
       (両大血管右室起始症、僧帽弁狭窄症、肺高血圧症/富山)
◇「一般状態区分がⅢからⅡに 日常生活は変わらないのに手当が却下」
      (単心房、単心室、肺動脈狭窄、無脾症候群/広島)
◇「学校生活管理指導表の区分はC 特別児童扶養手当が非該当に」
             (三尖弁閉鎖、大動脈縮窄症/愛媛)

ほっとタイム

◇「ママ友と落語と病院と」(東京南)

はあと

◇絵「びょういん」(肺動脈閉鎖兼心室中隔欠損症、MAPCA/5歳/鹿児島
◇絵「明治時代の三英傑」(大動脈弁狭窄症/小6/北海道)
 

企業訪問

(株)クロスメディカル社

インタビュー

「今さら聞けない心臓病のこと」
  (長野県立こども病院循環器センター長・安河内聡)

本部・社会のうごき

◇厚生労働省交渉

各地のうごき

◇「支部の活性化につながったブロック交流会 会員外の方も参加した医療講演会」
                  (近畿ブロック)

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇「ただ今、育児奮闘中!」(完全房室ブロック/高知)

◇第47回心友会全国交流会in岩手 全体会講演
「東日本大震災の経験から防災・減災の意識を学ぶ」
   (陸前高田被災地語り部くぎこ屋・釘子明氏)

 

 

 

 

 

 



バックナンバー