【報告】第15回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会

第15回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会の市民公開講座シンポジウムが1月20日に行われ、東京心友会の山宮さんが心臓病者の就労問題について自身の体験を発表しました。シンポジウムでは診療体制、社会保障、就労問題、妊娠出産…さまざまなことが話されました。患者の立場から神永会長もフロアから発言しました。また、学会のご厚意により、学会会場内に守る会の紹介ブースも出展をさせていただき、2日間にわたりパネル展示と資料配付を行いました

DSC01190s