2011年3月号の目次(564号)


03月号表紙「はる」

私の発言

「人として自尊心をもって生きる 守る会の活動で自立できる社会を」(広島県支部)

みんなの声

「長期の安定は完治ではない 特別児童扶養手当資格喪失、国に訴え」(多脾症候群、共通房室弁口/京都)
「特別児童扶養手当の認定経緯 厚労省、県への働きかけは強い支え」(左心低形成症候群/神奈川県域)
「年金が打ち切られたら命を縮めて働くしかない現実」(肺高血圧症、動脈管開存症、アイゼンメンジャー症候群/和歌山)
「障害者年金判定は全体の状態で判断を 働ける場所や環境をつくってほしい」(右心低形成、肺動脈狭窄、心房中隔欠損症/和歌山)

はあと

絵「ガリバーの冒険」(小6・ファロー四徴症/群馬)
絵「たのしいやきゅう」(小2・完全大血管転位/千葉)
絵「大すきなパパ」(小1・大動脈弁狭窄/奈良)
作文「まる丸」(小6・ファロー四徴症/高知)

暖話室

「いろいろな春」(山形)

のびゆく芽

「夢に向かって」(高3・岡山)

施設めぐり

団体めぐり

講座

福祉講座「生活アンケートから見えてきた心臓病者の生活」(東京大学大学院医学系研究科成人看護学分野特任助教 落合亮太先生)

本部の動き

◆2011年度政府予算案 自立支援医療改正は先送りに
◆2011年度政府予算案心臓病にかかわるうごき
◆ご存じですか?-税金の医療費控除-

制度Q&A

各地のうごき

雑感-いろんなことがありました 慰霊碑建立から15年に記念誌を作成(岡山)
学校生活における子どもの心理面を知る 歩んでいくの待っていられる親で(千葉)
病気に対して主体的にかかわるために コミュニケーション能力を磨く(岐阜)

守る会日誌

役員が一心して新たに前進 先生たちの協力を力に学ぶ場を(長野)

裏方の記

支部訪問

Friends to Heart

◇後に続く人たちに勇気や希望を(兵庫)
◇いろいろな方と出会い、悩みを共有したい(大阪)
【速報】第42回全国交流会in沖縄 現地下見報告

特別掲載

「心臓病の治療を振り返って」〜シリーズ〜№2
心臓手術を支えた周辺技術と体制 4.診断技術
(国立循環器病センター名誉総長 川島康夫先生)