2012年3月号の目次(576号)

scan-1203月号表紙「はる」

私の発言

「東日本大震災から1年 関心を持ち続け苦しみに寄り添って」(埼玉)

みんなの声

◇「発達障碍を抱え大学生になって 仲間と出会って共有したい」(完全大血管転位症・三尖弁閉鎖不全・右胸心/兵庫)・・・「心臓病と発達障碍 情報の共有を」(香川)
◇「ペースメーカー埋え込み手術を終えて 就活が解禁になっても就労の不安が」(両大血管右室起始症・房室錯位/三重)

はあと

絵「ゴーカイブルー」(3歳/単心室症・肺動脈狭窄・右胸心/三重)
絵「じいじと芋ほり」(6歳/多脾症候群・心内膜床欠損症完全型/愛媛)
絵「楽しかった水族館 イルカショー」(5歳/心室中隔欠損/愛知)
絵「ドラえもん」(小1・心内膜床欠損症不完全型/宮城)

暖話室

「野鳥の宝庫に住んで」(北海道)

のびゆく芽

「『心臓病』でよかった」(高3/心内膜床欠損症・両大血管右室起始症・総肺静脈環流異常症・無脾症候群/福岡)

 

本部・社会の動き

◆厚生労働省交渉 [福祉・仕事]開く
・心臓病児者にかかわる2012年度(平成24年)政府予算案
・「心臓をまもる」医療講座 掲載一覧 538号~574号

 

各地のうごき

「満足度調査のアンケートを実施 会員増への取組みをしました」(広島)
「会員同士の交流場を続けて 地域活動費の補助もいただく」(愛知)
「あらたに得られた救急知識 毎年参加の必要性を感じた講習会」(三重)
「運営委員は、辞められないもの?」(京都)

守る会日誌

「役員を引き受けてよかったと思う 友人になれてとても貴重な出会い」(栃木)

 

Friends to Heart

「3年前から進めた企画~ 念願の3支部宿泊交流会開催」(神奈川3支部)
「今だからわかること」(香川)
「仕事について思うこと」(広島)
「近況報告~ 職場復帰し元気にしています」(山口)

 

特別掲載

第49回全国大会 分科会・教育
「発達障害を理解しよう」   川崎西部地域療育センター 参事兼診療部長  武居 光 先生