2009年5月号の目次(542号)


2009年5月号表紙「チューリップ」

私の発言

「一人暮らしをはじめる心疾患の人たちへ、勇気をもって立ち向かってほしい」岐阜

みんなの声

◇「二人の健康優良児の次の子が心疾患、生まれてきたことに意味があると思って」奈良(エプスタイン病、心室中隔欠損、右心室低形成、心筋徽密化障害)
◇「電車通勤で小学校に通って一年、生活リズムと健康管理が親の仕事と実感」東京南(両大血管右室起始)
◇「腎移植で腎臓は改善、心筋症で運動制限があっても観戦大好き」石川(肥大型心筋症)
◇「龍くん生まれてきてくれてありがとう、いつもそばにいることを感じています」岡山(脳室拡大、小額症、ファロー四徴症)

はあと

作文「ぼくの弟」岡山・小学6年生・兄(脳室拡大、小額症、ファロー四徴症)
絵「たまごっちとわたし」大阪・6才(心室中隔欠損、僧帽弁閉鎖不全、不整脈)

暖話室

「父の入院」和歌山

のびゆく芽

(作文)「走れることの幸せ」中学1年生(沖縄・大動脈狭窄)
(作文)「道」中学1年生(千葉・単心房・単心室・多脾症候群、肺動脈閉鎖)

施設めぐり

団体めぐり

講座

医療講座95「人工心臓についての最新情報」
東京大学心臓外科教授・高本眞一
東京大学重傷心不全治療開発講座特任教授・許 俊鋭

本部の動き

◇「心臓をまもる」年間企画会議
◇「心臓をまもる」が届くまで

制度Q&A

各地のうごき

岐阜「新入会員を囲んで話し合いの場を」
広島「広島カープの栗原健太選手のブログより」
秋田「安心して治療が受けられるように家庭に近い雰囲気のサポートハウスを」

守る会日誌

山口「何でも話すことができる関係、4つの小さいブロックに分けて」

裏方の記

支部訪問

Friends to Heart

◇第40回心友会全国交流会IN兵庫のご案内
◇「激励会in飯坂みちのく荘」/福島
◇リレーエッセイ第17回「バスケットボールの魅力」/神奈川県域
◇青い鳥はがきの無料配布(6月1日まで)希望者は忘れずに

特別掲載