日本循環器学会プレスセミナーで成人先天性心疾患患者の診療問題を発言

2017.07.27

日本循環器学会 プレスセミナー

7月4日(火)、一般社団法人日本循環器学会主催の第32回プレスセミナーが「迷える成人先天性心疾患患者:緊急を要する診療体制の構築」をテーマに開かれました。このセミナーに、私たちの会からはじめて患者の発言をさせていただくことができました。

●患者の立場から
…発言したのは静岡心友会の石川綾さんで、自らの体験から、成人先天性心疾患患者の日常生活や診療体制のことなど、マスコミの記者の方たちに聞いていただくことができました。
(全文は「心臓をまもる」9月号に掲載)

●丹羽公一郎先生の講演
…石川さんの話を受けるかたちで、聖路加国際病院の丹羽公一郎先生が、成人移行の大切さと、日本の診療体制の現状についてのご講演がありました。
先生から当日の資料をご提供いただきました
 日本循環器学会プレスセミナー丹羽公一郎先生資料

>その後…当日の様子が医療専門のネットニュースや専門誌に掲載されています。
 ライフサイエンス出版 THERAPEUTIC RESEARCH vol.38 no.7 2017
            http://therres.jp/2TRcontents/2017/20170731105856.php
 メディカルトリビューン https://medical-tribune.co.jp/news/2017/0719509487/
 しんぶん赤旗 8/15付 20170815しんぶん赤旗
 読売新聞 夕刊医療面 8/16付 / https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170818-OYTET50020/

(事務局発)

DSC03821 (530x640) (265x320)DSC03856 (310x320)IMG_0012