新版『心臓病児者の幸せのために』(2016年10月発行)

一般社団法人全国心臓病の子どもを守る会発行/2016年10月/頒価3,500円(税込)

幸せのために表紙 

 

子どもが心臓病と分かって不安な気持ちでいっぱいになりますが、わが子の病気について学び、受け入れていくことで前に進むことができます。また、医療をうけながら学校生活をおくり、社会で生きていく力を身につけることが大切です。小さなときに手術をしても、成人になってから新たな問題が出てくることもあります。すべての心臓病児者が、その子その人なりの自立を目指していける希望のもてる本として、多くの医療者の方々にご協力いただき作った一冊です。

★チラシ…『幸せのために』チラシ両面web用

 

 

<内容>

第1章 こどもが心臓病といわれたら

子どもの心臓病を受けとめる
心臓病の子どもをささえる

第2章 病気の解説

先天性心臓病の種類と解説
不整脈疾患の種類
小児の後天性疾患
心疾患を合併する染色体異常と単一遺伝病
胎児診断でわかる心臓病
心臓病を診断する検査

第3章 心臓病の治療

手術などの治療を受けるにあたって
心臓病の手術
カテーテルインターベンション-低侵襲な治療方法と現状
不整脈-カテーテルアブレーションとデバイス治療
術後起こりうる問題と内科的治療
小児の心臓移植と人工心臓
再生医療~細胞シートを用いた信金再生治療の臨床研究

第4章 日常生活 ~乳幼児期から成人期にむけて

乳幼児期~家庭での生活と日常医療
先天性心疾患と発達障害
心臓病児ときょうだい
学齢期 ~充実した学校生活を送るために
思春期 ~ 大人になるための準備  
緊急時に備えて

第5章 大人になった先天性心疾患患者

成人先天性心疾患とは
成人医療施設への移行と自己管理
診療体制の現状と課題
成人先天性心疾患の手術~第2ステージのはじまり
妊娠・出産を望むとき
心臓病の就労・就職の現状とこれから

第6章 心臓病児者をささえる社会保障制度

 

 

執筆していただいた先生 50音順、敬称略、執筆当時の肩書にて)DSC01868

鮎沢衛(日本大学医学部附属板橋病院)  市田蕗子(富山大学附属病院)
笠原真悟(岡山大学医学部附属病院)    桂木慎司(榊原記念病院)
川滝元良(東北大学病院)         小崎 里華(国立成育医療研究センター)
小澤綾佳(富山大学附属病院)       小垣滋豊(大阪大学医学部附属病院)
小山耕太郎(岩手医科大学附属病院)    権守礼美(神奈川県立こども医療センター)
坂本喜三郎(静岡県立こども病院)     佐藤勇(よいこの小児科さとう)
澤芳樹(大阪大学医学部附属病院)     白石公(国立循環器病研究センター)
鈴木嗣敏(大阪市立総合医療センター)   住友直方(埼玉医科大学国際医療センター)
武田和也(榊原記念病院)         立野滋(千葉県立循環器病センター)
丹羽公一郎(聖路加国際病院)       檜垣高史(愛媛大学医学部附属病院)
福嶌教偉(国立循環器病研究センター)   藤村真弓(成増高等看護学校)
朴仁三(東京女子医科大学病院)      水野芳子(千葉県循環器病センター)
安河内聡(長野県立こども病院)