緊急!心臓手術について会員アンケートを実施しています

会員のみなさまへ
子どもの手術にかかる医療費負担がピンチ!
18歳未満で手術をされた会員へ緊急アンケートへご協力をお願いします

心臓手術にかかる医療費は多額な費用がかかります。子どもが小さいうちに手術をするので、利用している多くは若い人たちで、収入も蓄えも少ない世帯です。そのため、負担を軽減するために自立支援医療(育成医療)があります。この制度は、利用者が最も多い中間所得層(年収約290万円~830万円、全体の6割)には特例措置として月額5千円~1万円までの負担上限額が設けられており、これにより費用の心配をすることなく手術を受けることができるようになっています。
しかし、この特例措置が国の財源不足を理由としてなくなる可能性が出てきています。現時点では2018年3月まで継続されることが決められていますが、それ以降については、他の制度との「バランス」や「公平性」という観点から見直すと言われています。
守る会としては、制度が継続できるよう国への働きかけを行っています。
そこで、実際にかかった医療費の情報を寄せていただくためのアンケートを実施することとしました。今の制度で病児の家族がどれだけ負担を軽減されているのか、それ以外にかかっている費用はどのようなものがあるのか、具体的な事例を国などへ届けていきたいと考えています。
会員のみなさんからのご協力をお願いいたします。
--------------------------------------------------------------------------------
<アンケート実施の内容>
〔対象者〕
 18歳未満の心臓病児で2015年1月から現在までの間に心臓手術をした方
〔アンケート項目〕
 在籍支部、居住都道府県名、病名、身体障害者手帳の等級、手術をした病院名、治療内容
 手術費用、付き添いの宿泊費用、病児と付き添いの交通費
記入用紙にて記入
医療機関(病院・薬局)からの請求書と領収書のコピーを添付してください
      (パソコンでのスキャンデータや携帯などで写真に撮って画像を送っても可能)
医療費アンケート(記入フォーム)

16_医療費アンケート(記入用紙)

〔送付方法〕
 メール添付、ファクス、郵送にて送ってください。
 送付先…全国心臓病の子どもを守る会本部事務局 (問合せTEL.03-5958-8070)
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-7-3柄澤ビル7階
 メールmail@heart-mamoru.jp ファックス03-5958-0508
〔期日〕
 第1次 2016年8月末日まで
 第2次 2016年9月末日(期日後でも継続してお送りください)
〔個人情報の取扱い〕
ご提供いただいた情報については、上記の目的以外には使用しません。
情報の管理については、会の責任において適正に管理をして、使用後は適切に破棄します。