2008年3月号の目次(528号)


2008年3月号表紙「春がきた(東京多摩支部)」

私の発言

「心臓手術にも血液製剤は使われています。手術で救われた命、自分を守るために知識を」(神奈川県域)

みんなの声

特集「病児を育てながら仕事を続けて」
◇「高校教師を続けて看護に専念すべきか悩んだ日々も」秋田(動脈管開存、心室中隔欠損)◇「娘の話で涙を流す生徒も。悩んできたことが仕事に役立って」長崎(完全大血管転位)◇「〝先生をしていたお母さんは私の自慢〟娘の言葉に感謝を贈りたい」横浜(ファロー四徴症)◇「周囲の協力で乗り切った日々、息子から得たものが今の自分の支え」石川(単心室、肺動脈閉鎖、無脾症候群)◇「職場復帰はあたりまえ、女性が働き続けられる社会に」岐阜(大動脈縮窄、大動脈弁狭窄)

はあと

◇「しょう害を持って産まれて」小学5年生・群馬(単心室、肺動脈閉鎖、多脾症候群)◇「もうすぐ中学生」小学6年生・鹿児島(無脾症候群、ヒルシュスプルング病)◇「マーチング」小学4年生・秋田(右室性単心室)

暖話室

「竜也くんに捧ぐ」東京東部

のびゆく芽

「みんなHAPPY」高校1年生・心室中隔欠損

施設めぐり

団体めぐり

講座

親子で読める心臓病教室シリーズ2
「先天性心臓病のいろいろ(Ⅱ)」
前済生会下関病院・きとう小児科小児循環器
木藤信之

本部の動き

◇第2回幹事会を開催
◇2008年度予算案障害年金・手当など

制度Q&A

「薬害肝炎と心臓手術」

各地のうごき

◇重度障害者医療費助成制度見直しで一部自己負担の導入/神奈川県域
◇時間を気にせずゆっくり情報交換、心友会本人も相談できた宿泊交流会/横浜
◇「心臓病児のからだと心の成長」元気満々となる医療講座・相談会/福島

守る会日誌

忙しい先生方とのつながり、行事に協力していただき感謝/山梨

裏方の記

支部訪問

Friends to Heart

◇心友会紹介第7回「座談会で熱い思いを…」/岡山
◇リレーエッセイ第5回「こころ、やさしさにふれて…」/兵庫
◇第39回全国交流会案内

特別掲載