593号(2013/8)目次

 

 

593号表紙原画


8月号表紙 [スポーツカーでドライブ]




私の発言

「自分を振り返って 病気を認めていく姿勢が必要」 (石川)


みんなの声  

◇「なくてはならない『横浜こぐま園』 大切な思い出と感謝の気持ちがいっぱい」
               (単心室・単心房・無脾症候群/横浜)
◇「小さいときからの俳優になる夢 今はただ芝居をしたいという強い思いが」
               (心室中隔欠損症/愛知)
◇「安心して通える小学校に入学 周囲のフォローで手術を乗り越え」
  (無脾症候群・単心室・単心房・肺動脈閉鎖・主要体肺動脈側副血行路・内臓逆位/神奈川)

暖話室

◇「6月の梅雨の季節」(東京)

のびゆく芽

◇「楽しい1日を」(完全心内膜床欠損症/沖縄)

シリーズ 心臓病の医療を志して NO5

◇「子どもたちから教わったこと 私たちの希望は子どもたち」

はあと

◇絵「はるのさくらとふじ」(小1/両大血管右室起始・クリス・クロス心/兵庫)
◇絵「友だちとあそんだよ」(小3/大動脈弁狭窄症/茨城)
◇絵「わらっているわたし」(4歳/心室中隔欠損・心房中隔欠損・大動脈弓縮窄症/埼玉)
◇絵と作文「学校の休み時間」(小5/大血管転位・単心室・大動脈縮窄・三尖弁閉鎖症/神奈川)

医療講座

「心臓病とつきあうということ」

本部・社会のうごき

◇ペースメーカー等の障害認定について
◇JPA国会請願

各地のうごき

◇「病院から離れて小児科医療をみる 開業医の役割は大きな病院との連携」(岐阜)
◇「第51回全国大会に向けて準備着々”近畿はひとつ”を合い言葉に」(大阪)
◇「秋より小児の心臓手術が再開される 安心して診ていただける体制に期待」(島根)
◇「先天性心疾患患者の移行問題 守る会にとっても今後の大きな課題」(栃木)
◇「特別支援教育士スーパーバイザー 経験からのとても参考になるお話」(奈良)
◇「会員減が心配な各支部の状況 下堂前本部事務局長の講演会開催」(九州ブロック)
◇「成人先天性心疾患の外来がオープン」(長野)

私の守る会日誌

「元気をもらえたことを思い出し 参加者の意見で励まされ」(山梨)

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇「子どもは学ばせ方によって、成長が変わる」(大動脈弁置換/沖縄)
◇「あなたの元気が私のしあわせ」(多脾症候群・完全型心内膜床欠損症など/長野)