機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

657号(2018.12)目次

 

657号表紙絵
 表紙「クリスマス楽しみ♡」
(4歳/熊本)

 

言の葉・心の花

◇「移植医療の推進に理解と協力を」(茨城)

 みんなの声・移植特集 移植医療の推進を願って 

◇「息子がカナダで心臓移植を受けて15年 家庭をもち子どもにも恵まれた生活」
            (特発性拘束型心筋症/香川)
◇「東京で5年の長期待機をして思う 臓器移植を多くの人に認知してほしい」
      (完全房室ブロック、拘束型心筋症/長野)
◇「拘束型心筋症を発症し米国で心臓移植 滞在中はポジティブな考えに救われて」
                  (拘束型心筋症/京都)
◇「心臓移植が必要と診断され苦悩の日々 試練が続いてもまだまだ生きたい」
                  (拡張型心筋症/山形)
◇「ドナーの親族となって 臓器提供は特別ではないことを願う)
                  (脳血管障害/神奈川県域)

ほっとタイム

◇「孫が癒し」(徳島)

のびゆく芽

◇「普通であることのありがたさ」(完全大血管転位症/長崎)

 はあと

◇絵「楽しいキャンプ」(単心室、単心房、無脾症候群/小4/横浜)
◇絵「家族でねぶた祭り」(左心低形成症候群/4歳/宮城)
◇作文「読書感想文がんばったよ!」(多発性心室中隔欠損症/小2/愛媛)

医療講座 NO.129

「日本における小児の心臓移植の現状と今後の展望
     ~一般的な小児から先天性心疾患への臓器移植~」
      (国立循環器病研究センター移植医療部部長・福嶌教偉)

 本部・社会のうごき

◇厚生労働省交渉(医療・福祉・仕事)
◇JPA街頭署名行動
◇臓器移植推進パレード

各地のうごき

◇「受診している病院の災害時の役割り 前もって地域で備える力をつける」(静岡)
◇「心疾患と大事な口腔内管理を学ぶ 生活に取り入れるべきたくさんの注意点」(東京多摩)

☆ぼくのひとりごと(長野)                 

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇2018年度 秋の代表者会議報告
◇「心臓病だからこその進路選択、この病気と両親に感謝」
      (修正大血管転位症/岩手)
◇各地の心友会活動




 

 

 

 

 

 



 

 

 

バックナンバー