機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

644号(2017/11)目次

 表紙
 表紙『全国交流会に集まったみなさん』

 

 

言の葉 ・心の花

◇「小児循環器学会での貴重な体験 全国各地がつながることが必要と実感」
                                  (静岡)

 みんなの声 

◇「二人の息子がファロー四徴症 守る会の先輩に学び楽しく育児ができて」
                 (ファロー四徴症極型/東京南)
◇「運動との付き合い 病気だからとあきらめないで」
                 (三尖弁閉鎖症/岩手)
◇「子、そして親にとっての反抗期の役割 病気と共に大人の階段を上る娘」
      (単心房、単心室、共通房室弁、肺動脈狭窄、無脾症候群/福井)

ほっとタイム

◇「流しそうめん」(福島)

のびゆく芽

◇「ぼくのなつやすみ」
(両大血管右室起始症他・発達障害・軽度知的障害・てんかん/中2/鳥取)

シリーズ 心臓病の医療を志して No.25

「福島の療育キャンプのぞきに来ませんか」
 大原綜合病院(福島県立医科大学小児科学講座後期研修医)・佐々木恭介

はあと

◇絵「お気に入りのゲームキャラクター」(修正大血管転位症・心室中隔欠損症/小5/山口
◇絵「楽しかった宿泊キャンプ」(三尖弁閉鎖症/5歳/群馬)
 

第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 市民公開講座
~心疾患をもつ子どもの生活を地域でどのように支えるか~

◇基調講演 野田聖子(衆議院議員)
◇シンポジウム「会員アンケートからみえる諸問題について」

本部・社会のうごき

◇育成医療の経過措置延長の方針
◇障害者法定雇用率の拡大

各地のうごき

◇「病院の応援があっての医療講演会 これからも継続をと思えた交流」(山梨)
◇「今年度の質問事項を見直し次年度に 支部全体でアンケート調査を実施」
                              (東海・甲信ブロック)
◇「9年間待ち望んでいた宿泊施設が完成」(岡山)
◇「多くを学んだ療育キャンプ 子どもたちの将来に希望を抱く」(群馬)

Friends to Heart  心友会たんしん 

☆第47回心友会全国交流会in岩手

◇手づくり体験報告
◇参加感想
◇裏方の記

 

 

 

 

 

 



バックナンバー