守る会の紹介

手をつなぎ、支え合って

お子さんやご家族が心臓病とわかってご心配ですね。守る会は1963年に創立され、全国にたくさんの仲間がいます。大丈夫、1人じゃない!一緒に喜んだり、涙したりしてくれる人、同じ思いをした人が、ここにいます。病気とともに生きることは、命の喜び、小さな幸せにつながることであると、希望をもって、子育てを一緒に楽しんでいきましょう。

学ぼう。遊ぼう。ふれあおう。

専門医による講演会、学習会を開催しています。医師・看護師も参加した療育キャンプ・クリスマス会などの楽しい行事があります。

♥毎月発行している「心臓をまもる」にはお便り、子どもたちの作文や絵、専門医、専門家による医療・教育・福祉講座などが掲載されています。

心臓病者友の会(心友会)ってどんなところ?

15歳以上の心臓病者本人であれば、どなたでも参加できます。心臓機能障害と他の合併症の方も在籍しています。会員は15歳から70歳以上と幅広い年齢層です。医療スタッフが同行する全国的な交流会や支部交流会で、心臓病者の仲間を知ることができます。身の回りの些細なことから、人生の節目の大きな課題まで、周りの人たちに言えないこと、なかなかわかってもらえないことを共有できる仲間がここにいます。この生きた情報こそ、一人ひとりが質の高い生活に近づく手がかりになっているのです。

会報「心臓をまもる」を発行しています

会報「心臓をまもる」のページへ

全国の支部ごとに交流会、医療講演会、相談会、療育キャンプ、クリスマス会など元気に活動しています

「各地のとりくみ」のページへ

書籍の発行をしています

「出版物紹介」のページへ

未来をひらく 守る会50年のあゆみがあります

これまでの守る会の歩み

守る会には、患者、親、家族ならだれでも入会できます

定款

入会についてのお問合わせ

入会お問合わせ
入会申込書(PDF)